Youtubeはこちらから 詳しくはこちら

Youtubeリベラルアーツ大学の両学長によるお金の教育!その影響力は?!

  • URLをコピーしました!

2021年3月、40代の会社員がリベラルアーツ大学の学長に魅了されました。実際には学長と直接会ったことはありませんが、会社の同僚の推薦により彼の動画を見始めました。

最初は「変なライオンが何か話している」とだけ。
『なぜ同僚はこの動画を進めてきたのか?』と疑問に思っていましたが、次第にその価値を認識し始めました。

そのライオンの複数の動画を視聴するうちに、「知らない情報が多い」「他では教えてもらえない知識が得られる」こと気づき、これが学び続ける動機となりました。

特に印象に残っているのは「保険解約は損する?得する?解約すると元本割れする保険をどうするべきか〜貯蓄型保険は解約して損切りする方がお得」という動画です。

この経験を通じて、会社員のマネーリテラシーや一般的な知識が大幅に向上しました。

リベラルアーツ大学の両学長の動画は、最初は疑念を持って接するものの、提供する豊富な知識と情報が視聴者の学びを大きく向上させることができる点で価値があります。
特に金融知識に関する内容は、多くの人々にとって直接的な利益をもたらす可能性があります。

紹介
名前:両学長
職業:リベラルアーツ大学学長・会社経営(企業歴20年)・投資家
年齢:20代?
スキル:会社経営・アフィリエイト・米国株・不動産投資・オフショア保 険投資・工業簿記1級・商業簿記2級・プレゼンテーション・タイピング力・人の心を動かす・イタズラ力

〇リベラルアーツ大学の理念
無料で最高の金融教育を提供する
うーさん

怪しいマッチョライオン…

目次

リベラルアーツ大学 両学長の金融教育への貢献とその進化

リベラルアーツ大学の両学長は、金融教育に深い愛情を持つ素晴らしい教育者。この情熱は、彼の動画シリーズや生配信などを通じて広く伝えられています。

彼のYouTubeチャンネルでの第一回目の動画から現在に至るまで、彼の語り口調やプレゼンテーションのスタイルは大きく変化しました。最初の頃は非常に真面目なトーンで今とは大違い。

現在では、よりリラックスしたスタイルで、冗談を交えたり、天邪鬼なコメントをすることが多くなっています。これは、視聴者との関係をより親密にし、教育的な内容を楽しみながら学べるようにするための工夫なのでしょう。

彼の金融教育への取り組みは、最初は数人の友人に金融の基本を教えることから始まり、これが評判となり、友人が他の友人を招き始めることで、より多くの人々が彼の教えを受けるようになったと彼は動画内で述べています。

動画の視聴者の成長過程は、彼の教育方法がいかに効果的であるかを示しており、その影響力は時間とともに増大しています。

リベラルアーツ大学 両学長の多角的な活動とその影響

2021年5月の時点でかなり有名人でした。

  • Youtubeチャンネル登録者数124万人
  • Twitterフォロワー数28.5万人
  • Instagramフォロワー数22万人
  • 書籍『お金の大学』発刊数57万部超え
  • ブログアクセス数月間最大330万PVリスト

    ですが、1年後の2022年5月時点でYoutube登録者が約200万人達成しました。

    リベラルアーツ大学の学長は、その教育内容と魅力的な人柄で非常に高い人気を誇り、TwitterやInstagramのフォロワー数が過去に比べて2倍に増加しています。

    彼の書籍も大変な人気で、発行部数が100万部を超えるベストセラーとなっています。

    さらに、LINE公式アカウントの開設や、リベシティと呼ばれる公式グッズショップのサイトも新たに設立され、幅広いメディアでの活動が見られます。

    2022年5月には「リベ大フェス」というイベントも開催され、多くの参加者に彼の教育哲学やライフスタイルを体験してもらう機会を提供しました。

    2022年、リベラルアーツ大学の学長は、ほぼ毎日YouTubeでライブ配信を行っており、そのライブセッションには一度に5,000人以上の視聴者が参加しています。

    これは、学長が提供するリアルタイムでの学びの機会を求める多くの人々にとって魅力的です。

    またライブ配信では、視聴者が学長に直接質問をしたり、アドバイスを求めたりすることが可能です。参加者はライブチャットを通じてコメントを投稿し、学長がそれに応答する形式となっています。

    コメントをライブチャットで投稿することで、そのコメントが読まれる確率が上がるため、多くの参加者が積極的に質問や意見を共有しています。このダイナミックな交流は、ライブ配信の特徴であり、参加者にとっての付加価値を高めています。

    両学長のYouTubeライブ配信は、彼の教育哲学を広め、リアルタイムで直接対話を行う場として非常に成功しています。

    これにより、学長は個々の質問に答えることで視聴者のニーズに対応し、学習者との強い結びつきを築いています。

    お金にまつわる5つの力

    学長は『5つの力を』鍛えようと、お金に関する情報を無料で提供してくれます。

    リベラルアーツ大学の学長が提供する教育コンテンツは、多忙な日常を送る人々にも柔軟に学習機会を提供しています。特に、収入と支出がほぼ同額で、貯蓄が難しい状況にある人にとって、学長の教えは大きな助けとなっています。

    学習者は学長の動画から「稼ぐ力」と「増やす力」を中心に学んでおり、これにより金融知識の向上を図っています。これは、将来的な経済的安定に向けた努力の一環です。

    忙しい日々の中で、多くの人が「動画を見る時間がない」と感じることがありますが、学長の動画はそのような人々にも配慮されています。動画を視聴する代わりに、音声だけを聞く方法が提案されており、これにより通勤中や家事をしながらでも学ぶことが可能です。

    学長の動画には「漫画動画編」「マインドマップ説明編」「生ライブ編」といった様々な形式があり、どれも聞くだけで内容を理解できるほど丁寧に作られています。これは、視覚情報を必要としない学習者にとって特に有益です。

    視聴するだけでなく、「聞く」という学習法は、視覚的なデータや画像を見逃す可能性がありますが、気になる部分を後で確認することも可能で、これが動画コンテンツの柔軟な利用を可能にしています。

    効率的な学習のためのスキマ時間の活用方法

    ・朝の支度時間にながら聞き
    ・家事
    ・出勤時のバスや電車や車内
    ・昼休み など

    忙しい日常の中で効果的に学習するために、スキマ時間を利用することが推奨されています。このアプローチは、時間が限られている人々にとって特に有効です。

    具体的なスキマ時間の例としては、朝の支度時間、家事をしながら、出勤時のバスや電車、車内、昼休みなどがあります。これらの時間を活用して、YouTubeの動画を聞き流すことが一つの方法です。

    出勤時や昼休みには、他人に迷惑をかけないようにワイヤレスイヤホンを使用することが推奨されています。これにより、公共の場でもプライベートに動画コンテンツを楽しむことが可能。

    筆者は当初、1,000円のワイヤレスイヤホンを使用していましたが、家庭での利用中に子供から話しかけられる際の不便さから、アンビエントサウンドモード(外音取り込み機能)が付いたイヤホンに変更しました。これにより、周囲の音を聞きながらでも動画の内容を快適に楽しむことができるようになりました。

    さらに、ノイズキャンセリング機能が付いているイヤホンもおすすめされています。これは周囲の雑音を遮断し、学習に集中したいときに特に役立ちます。

    聞ければ全然問題ないという方は1,000円~4,000円位のワイヤレスイヤホンで十分だと思います。

    Youtubeの公開は平日は毎日、土日は不定期配信。

    学長の時間が空いた時には生配信をしてくれ、視聴者さんのお悩み相談にのってくれます。

    悩んだ時には共に考えてくれる仲間がいる『リベシティ』がおススメ。

    リベラルアーツ大学 リベシティとは?

    リベシティは経済的自由を目指す方の為の仮想の街。

    お悩みを抱えた方が相談・アドバイスをするコミュニティとなっています。

    経済的自由を達成・成功されている方が登録しているので、チャットで相談するとアドバイスをくれます。

    私も何の種類の副業を始めるかで悩んでいたので、思い切って相談すると『楽しく続けられる副業じゃないと続かいない』と言われ、納得させられました。

    料金は30日間は無料

    30日では足りないという方はペンギン会員からスタートすることをおススメします。

    資産が増え、リベシティに貢献したいと思う方ばパンダ、トラと会員レベルをUPし、経験したことを後輩にアドバイスしてあげて欲しいと思います。

    アプリ版も開設されましたが、そこから登録すると会費が割高となるのでインターネットでの登録をおすすめします。

    ブログをはじめて1年後

    ブログはじめて1年。

    著者はどうなったかというと…

    月に2万は稼げるようになりました。
    学長に教わった通り『継続は力なり!』です。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    目次